トップイメージ

店舗でみなのクレカが決済できるわけではありません。仕事 辞めたい アフィリエイト

:カード会社の加盟店は二、三以上のクレジットカードのブランドとライセンスを結んでいますが、残念ながらみなの商店で一切の運営会社の所有クレジットカードが使用可能なのではありません。

例をあげていうと昔ながらのお店の際にはJCBマークの付いたクレジットカードしか使用できないときもありますし最近の加盟店ならばビザとかマスターのロゴの書いたクレジットカードのみしか決済できない場面もあるでしょう。

銀聯カードに類するクレカ会社の場合は、さらに決済できないお店が増えるでしょう。

何の印のクレカが切れるかをいかなる方法で見分けるといいの?「じゃあいかにしてどの所有カードが使用可能かというのを判断したらいいか?」という質問だけど、確実にチェックするのだったら該当店舗の方に見せてみるのみ、ていうのが実のところ正解。

とはいえおおよその店や料亭には店舗の目につきやすいところなどに決済可能なクレジットカード会社のサインが書かれたステッカーが貼られているため「そっか、この店舗はアメックスが決済可能なのだな」というのが分かりやすいようになっているため安心していただけると思います。

というものの、十分に確認が出来ていないショップで使うときにはロゴが掲示されているショップでも「うちでは○○カードはご使用いただけません」みたいな案内を受けてしまう状況もないわけでもなく頭が真っ白になってしまうこともあるでしょう。

贅沢をいえば可能な限り全ての加盟店舗でクレジットカードが切れるようにするために異種の会社(国際ブランド)が入っている一般的なVASA、JCB、ダイナーズライフカード、というようなクレカを2枚以上使えるようにしておくようにお勧めします(例として:セゾンカードを契約しているならディスカバーカードブランドのカードを持つとする等)。

日本ではVISA、MasterCard、JCBの3つの印が入っているクレジットカードをいつも所持していれば、おおよそほとんどのカード決済可能店舗で3枚のうちどれかのクレカを切るようスタンバイOKということになります。

クレカを契約して有効的に節約を続けるつもりならばこれらのカードを財布に忍ばせておいて損はないと思います。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.thegoldenage.biz All Rights Reserved.